TOP | ご案内 | 会則 | カリキュラム | 受講者の声お申し込みフォーム | お問い合わせ | サイトマップ
2019年度新規会員募集中
4月21日(日)見学Welcome  5月30日(木)ガイダンスセミナー開催   詳細はこちら

受講者の声

「ソーシャルビジネス支援の力量向上に!」
私はWBSを2014年度に受講しましたが、女性起業家の現場に行っての実務従事、WBSノート作成など、実際に手と頭を動かすメニューが大変多く、歯ごたえのある1年間だったと思います。「女性のビジネス支援」と銘打っていますが、女性起業家は、生活の中で感じる社会課題を解決するために起業される「社会起業家」であることも多く、私はWBSを、「社会起業家支援マスターコース」でもあると思っています。中小企業診断士に合格された方の中には社会起業家支援を志す方も多いはず。そうした意欲ある方のご参加を期待しています。
【9期 多賀俊二】
「WBSで学びましょう」
「“女性の力”に期待を寄せられている時代、そこから診断士として学ぶことは多いはず」との気持ちで受講を申し込みました。期待どおりです。油井先生、兼子先生はじめ、様々な立場で活躍されている先生方、経営者の方から、診断士の基本的なスキルから実践的なアドバイスまで、幅広く学ぶことができました。実務従事もハードでしたが、メンバー同士の議論やソーシャルビジネスの観点から初めて学ぶことも多く得難い経験をすることができました。OB、OGの方との交流も大きな財産です。能力向上を目指す診断士の方には、ぜひWBSで学ぶことをお勧めします。
【9期 山内慎一】
 女性診断士による「女性のためのビジネス支援マスターコース」と聞くと何やらアマゾネス軍団のようなイメージを持たれる方、いらっしゃるかもしれません。しかしこのマスターコースの目指すところは全く別のところにあると思っています。今日、従来のハード主体の産業モデルから、地域の住民を主体にした新たなサービスビジネスが次々に生まれつつあること感じておられる方、多いと思います。人と人とがつながるという「コミュニティビジネス」という新たな潮流です。そしてこれらビジネスを担いつつあるのが、様々な問題を抱えながらも、懸命に努力する女性の起業家や経営者なのです。診断士の学習で学ぶ従来の経営の理論だけではカバーしきれない課題の解決に向かって一緒に勉強してみませんか。やさしくも厳しいプロの視点でこれからの「新しいビジネスの支援」をどのようにやっていったら良いのかを。
【7期 三浦 美樹】
 これからの日本のビジネスシーンにますます重要なポジションを占めていくであろう女性の起業をお手伝いしたい と思い、このコースを受講しました。
 油井先生をはじめとして様々な立場で活躍されているプロの先生から多様なテーマで実務に即した講義を聴くことができ、また女性特有の気持ちや悩みなども理解できました。
 加えて、素晴らしい個性を持った6人の同期と出会うことができ、1年間を通じて語ったり笑ったりそして悩んだり(実務従事)、同じ場を共有できたことも大きな成果でした。
 今年のコースもきっと実りあるシーンを皆様で共有できると思います。
【7期 岡田 昌彦】
 地域の中小企業やNPOのサポートができるようになりたいと思い、門を叩いたのが「女性のビジネス支援マスターコース」でした。本コースを受講して、中小企業診断士として活躍するために必要な考え方・スキルを学ぶことができました。実務従事では、ビジネスを通じた地域活性化に対する想いを、現場の最前線で活躍されている女性起業家の方と共有することができました。私にとって大きな財産です。
 また、本コースは、とてもアットホームな雰囲気です。OB・OGとの距離が近いことも特長です。
 ぜひ、お気軽に足を運んでみてください。
【7期 伊藤 慎時】
 診断士になる前から受講してみたいと思っていたのが、この「女性のビジネス支援マスターコース」でした。
 実際受講してみて特に良かったことは3点あります。
 1点目は、油井先生、兼子先生から、スキルだけでなく、支援者としてのマインドを学ぶことができた点です。2点目は、実務従事や講義を通じて、女性起業家の生の声を聴く機会が多かったことです。3点目は、経験も年代も性別も異なる、個性豊かな同期のメンバーとの出会いです。
 私は診断士登録1年目に受講しましたが、今後診断士として活動していくなかで、このマスターコースで得たものは、自分の核となっていく予感がしています。皆様も、ぜひ見学にいらしてください。
【7期 林 真木子】

 私がこのマスターコースを受講したのは、長女が小学校に入学し、次女が1歳になった年でした。当時、診断士登録からは5年が経過していましたが、診断士として自分は何ができるのか、何をしたいのか、模索中でした。「このモヤモヤから抜け出したい」という一心で受講したこのマスターコースで、女性を取り巻く環境を確認し、女性起業家のバイタリティに圧倒され、さらに素敵な仲間や先生方の知見に触れ、自分の方向性も徐々に固まってきました。そんな私は4期生のマスターコースから講師も担当しております。OBと受講生、OB同士の強固なネットワークもこのコースの魅力です。ぜひ、ご一緒しましょう!
【1期 高橋 美紀】


 自分や周りの友人達が仕事と家庭・子育てとの両立に悩みもがく中、診断士として自分にも何かできることはないだろうかと考えていたところ、このマスターコースの存在を知りました。
 女性のビジネスにおける環境分析にはじまり女性経営者との交流や実務従事などの実践など、様々な視点でコンサルティングのいろはを学ぶことができます。
 また、なんでも話せる仲間たちとの出会いも大きな収穫でした。
 ぜひ一度見学にいらしてください。
【5期 太田 佐和子】


 診断士登録2年目にマスターコースを受講しました。1年目の時に女性の経営者や女性の創業希望者の方とお話させていただく機会があり、女性ならではの悩みや考え方があることを実感し、さらに女性を取り巻く環境について考えはじめていました。また、女性が少ない診断士の世界で、私だからこそできることって何かを考え始めたときにマスターコースの話を聞きました。
 女性経営者や実際の実務家の方からの具体的なお話を伺うことができました。さらに5期では温泉旅館に宿泊して「女将」の話を聞く合宿も開催しました。
 マスターコースの同期やOBの皆様との交流は、これからの私の診断士としての活動を行う上での大切な宝物を得たと感じています。ぜひご見学にいらしてください。
【5期 高鹿 初子】


 マスターコースの1年を振返ると「充実していた」という一言に尽きます。
 それも代表の油井さん、事務局の兼子さんたちのご指導やご支援に加え、貴重な仲間やOBの皆さんにめぐり合えたことが大きな理由の1つです。
 また、「女性の」というキーワードによって、男性では持ちにくい視点や思考に関しての理解がすすんだことも収穫でした。もちろん男女に関係なく、起業支援や経営革新のスキル、また診断士としての「診る、考える、表現する」といった能力も磨けました。
 コースでは毎月のように課題や発表等の準備と、主体的に取組む環境が用意されています。いかに取組むかはあなた次第!機会を活かせる人には、非常に楽しい1年が約束されています。
 最後に、私にとってメリットと思えた点は、診断士未登録でも受講できたことです。実務補習がまだ終わっていない人でも、何か活動を始めたい人にはチャンスです。お見逃しなく!!
【5期 白井 健一】


 私は2007年6月〜2008年3月までマスターコースで学びました。毎月出されるハードな宿題をこなし、それをもとにマスターコース内で活発な議論をしました。活躍している女性起業家のお話をお聞きすることができたのも、大変参考になりました。
 実務従事はかなり大変でしたが、コンサルティング能力が向上するだけではなく、仲間との連帯感が深まりました。卒業後も、メンバーで集まる機会があります。マスターコースで培った仲間は、私にとってかけがえのない財産となりました。
 コンサルティング能力を向上させたい方、人脈を広げたい方はぜひとも、「女性のビジネス支援マスターコース」で学ばれてみてはいかがでしょうか。
【2期 佐々木 幸治】


6期受講風景
Copyright (C) 2019 WBSmaster-course All Rights Reserved.